FC2ブログ

ローリン・ダイニング!!

Rowlin’Dining! すべての作品は、新作の材料だ!
2018/08≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2018/10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 カルマ(仮)くん

 学習障害とは、なんだろうか。
 通称は「LD」で、これはラーニング・ディスアビリティの略だそうな。
            ◇
 個人的には「知能障害」と呼ばれるものを子供の頃に、何度か見かけたことがあるが、これはダウン症とかのことだったハズだ。家族など身近にいる人間ならともかく、対等な1個人としてコミュニケイションを取ることが難しく、意味不明の独り言を繰り返したり、奇妙に落ち着きが無かったりするようなものだと思うが、学習障害はこれではないという。
 彼らは日常生活を送ることが補助・介護無しでは難しいが、学習障害者の場合は健常者と同じ生活をすることが出来るという。
            ◇
 まず、この概念が、ビミョーなのだ。
 少なくとも、怒られている理由が解らなかったり、単純な作業が覚えられなかったりするわけで、これではアルバイトをするにも難しいから、生計を立てるのは困難をきわめる。この点で、健常者と同じ生活ができるとは、言い切れない気がする。
 とまぁ、これは屁理屈で、つまり排泄や食糧摂取、着替え、入浴、バス電車の利用、買い物などの日常生活は大丈夫だという意味なのだろう。
            ◇
 物を覚えられなかったり、コミュニケイション障害めいたものだったり、論理を解せなかったり、などなど、“障害”となるものの種類は多く、脳のどの部分が問題なのかは、一概には言えないらしい。学習障害かと思っても、単にその人物の成長が遅いだけであることもあるからだ。小学生のときに漢字をまったく覚えられず、覚えても言葉として遣うことができなかったから学習障害を親は疑ったのだが、中学生になった途端に普通の人並みに漢字が定着していき、健常者であることがハッキリした例もある。
            ◇
 閑話休題。
 こうした者への措置は“法律の文言上には”、存在する。
 学習障害者向けの特別クラス設置学校があったり、LD専門学習指導者資格があったり、などだ。
 だが、教育委員会関係者の話によれば、「LDです」と公にしてこうしたものにすがっても、最終的に「一般人として扱えない人間」とレッテルを貼られるだけである場合が少なくないらしい。重たいハンディキャップではあるものの、健常者の学習能力に追随できるだけの、有効なフォローが完成していないのであろう。
            ◇
 これは、学習障害であることを公にするだけのメリットが無いことにつながってくる。
 ダウン症児や身体障害者などと比べて、国からの補償の制度が無いのだという。その背景は、学習障害を認定することが難しいという理由なのだそうな。症状の種類が多く、誰がどうやって判別するのか、一般的なガイドラインに出来ないから、法律にもなりにくいのだと思われる。
            ◇
 小学校や中学校の授業のペースについていくことすら、大変なのだ。
 だから塾に行くのだが、塾に行っても「デキの悪い健常者」よりも、ヒドイコトになる。個人的な経験では、いうことをちゃんと聞いてくれる良い子が多いのだが、健常者の3倍の時間と手間をかけても、10のうち1つだって身につかないことが、普通なのだ。また、4倍の時間をかけて1単元をナントカマスターしても、それをテストの中で検索する能力も欠けている場合があるから、確実な得点源を狙うのも、非常に困難なのだ。
            ◇
 こうした子を持つ家庭は、塾に法外な金額を支払って面倒を見てもらい且つ、家庭でも親御さんがキチンと勉強に付き添うのだが、それでも何にも身につかないコトが普通に起こり得る。
 わたしは正確なことを知らないが、少なくとも1箇月で20~30万円もかけている家庭を2件、見たことがある。
 だが、こんな場末の個別指導塾では、専門家どころか、素人も最悪なレヴェルの講師ばかりがいて、しかも毎日のように担当講師が変わる。実力も社会常識も中途半端な学生アルバイトが多いから。
(余談だが、学生講師というものはエリート意識があるわりに、仕事をキチンとこなしたり創意工夫をこらしたりできるだけの上等なものは滅多にいない)
            ◇
 学生でしかも塾講師なんかやりたがるような輩は大嫌いだが、こうした商売をやっていて、現場監督たちは心が痛まないのだろうか。
 わたしが彼らの授業料がン十万もかかっていたことを知ったのは、つい最近のことだ。
 これらをすべて知っていたら、最善策を講じて最高の努力をしてやるのが、誠意ってものではないか。
            ◇
 家庭がナントカしてあげようと必死でその学習障害の子供に心血――時間とお金と労力――を注いでいる。
 それなのに、である。
 責任感は無いし世間知らずのくせにプライドだけは高いバカ学生どもの間を、キチンと会社で教育するわけでもなく、毎日のようにくるくるたらい回しにする――。
 お金と家庭内での努力を知ったとき、わたしはゾッとした。
 そういうことを、会社(現場監督)が普通にしてきているのを、この数年で何度も、わたしは目撃している。
            ◇
 そんなものの片棒を担いでいたのかと思ったら、わたしは目の前が真っ暗になったものだ。
 今だって、鬱になる。「卒倒しかける」とは、こうした症状のことを指すのだろう。
 学習障害の疑いのある者を家庭に持つと、(塾としては)救いようが無い――。
 手間とお金が異常にかかるが、その子が社会人として一人前に独立するための、冴えたプランが確立されているとは言えない現実がある。
            ◇
 どんなに専門家があったとしても、1日中監視下に置くことの出来る親以上に、その子の症状への専門家にはなれないこと。
 また、その子の将来に関しては、家庭の経済力の他に、やはり親の情報処理能力と情報網が大きく左右すること。
 塾などの私企業で、学習障害への研究が進まない理由は、こんなところなのだろう。
 だが、塾である以上、こうした子供を預かることもあるのなら、やはり彼らの自立へのヒントとして鉄板となるような有用な情報を持つべきだし、なければ探し続けるだけのことはするべきではないのだろうか。
            ◇
 学習障害と思われる子供を1人、担当している。
 彼の親御さんの希望もあるのだが、わたしが単独で担当することになってしまっている。現場監督は、完全に放置状態である。
 問題なのは、彼らの目的だ。中学受験生、なのである。
 以前、高校受験生の学習障害と思しき少女を受け持っていた。これはなかなか重度だったが、今回はひょっとしたら、これよりも症状は、重たいかもしれない。学習障害の程度にも、重い・軽いがあると思われる。ほとんど普通に、勉強を作業としてやっていける者もいたからだ。
 前回の少女は、性格がマキシマムで善人だった。会話はできるので、コミュニケイションはとることができた。
            ◇
 今回は少年である。成長の遅さすら感じさせる、小4生くらいの幼い外見をしている。
 まともな会話にならないのである。志村けんがかつてコントで演じた「デシ坊」のような返事をする。会話をしていて、何か理解できたような脈が感じられないのだ。実際、ホントに何も解っていなくて、「この問題を試しにやってみて」とプリントの1番下を指して「はい」といったのに、プリントの1番上から順々にやっているくらい。それも数回ではないところから、完全に「指示に的確に従う」というセンスが無い子なのだ。受け持った当初は、こんな感じで指示に従うことすらできなかった。
            ◇
 学習障害持ちでも女の子であれば、外見と性格が悪くなければ、「結婚して旦那の家庭に入る」という選択肢が存在する。
 とはいえ、良い性格になるかですら、結構難しいような気もするのだ。
 学習障害で或る程度症状が重たいと、恐らく周囲から浮いてしまうと思われる。一般人と同じことができないのだから、学校のような物を学ぶ場所では、顕著になってくる。
 今回の少年は、妙なところでヒネクレてさえいる。妙なプライドを持っているのか、周囲自分の反応に笑う者があると怒る。
 指示には従えない、ヒネたものすらある性格で、しかも男の子――。地元の公立中学に進んでも、内申点をとることができないだろう。性別は関係なさそうに思われるが、男の子の方が内申点を採りにくい様子はハッキリしているデータがある地域だ。
            ◇
 内申点勝負のある高校受験では、イイ結果にならないだろう。テスト無くして高校入学はできる(私立高校)が、まともなところではない。同じ私立学校なら、偏差値が低くても中学受験なら、大概の場合は中高一貫校である。辞めなければ、自動的に高校生になれる。また、偏差値が40でも大学附属の私立校もあるから、うまく立ち回れば、大学受験の不安も解消できる。その大学も一応「中堅」と呼ばれるレヴェルだから、一貫教育のエスカレーターで上がれるなら、学習障害児にとっては、これほど確実な手段はそうそう無い。
            ◇
 中学受験の中では、試験問題はだいぶ簡単な部類だ。
 だが、小学校の基本すら身につくことが難しいレヴェルの子供である。
 有効な手段が、無い。先日の150点のテストで、15点取るのがやっとだった。
(予定では30点とるつもりで、練習では25点取れていたから、少し期待はあったのだが、ものの見事に自己最低記録だった)
 前回の少女は、自分の将来について不安をもっていたから、勉強について自覚的だった。
 今回の少年は、幼いせいもあるから、勉強目的について自覚性は無いと言っても過言ではない。
 だから、自ら進んでやろうともしないし、作業を身につけようと言う積極性だって無い。
            ◇
 漢字練習すら、自力でできないのですよ?
 常に誰かが傍らで目を光らせていないと、まともな作業すらできない。自習として教室に留めたわりに、現場監督は手が空いたときに関わろうとすらしない。現場監督の依怙贔屓は、公正さとは程遠い。有効な手段が無い以上は、正攻法で反復練習をさせるしかなく、それは人手がかかることも解っているハズなのだが、自習時間ですら完全放置状態なのだ。他の子供なら自習を見ることもあるのに、自ら手を下したことが1回だって無い。
            ◇
 それで、両親は塾長の言う通りにン十万も、夏期休暇期間に授業を取ることにしていた。
 これでは、良心が痛まない方がどうかしているのではなかろうか。
 会社や己の利益の為に鬼畜になることは、社会一般としては常識なのだろうか。
            ◇
 今年の4月から、わたしが受け持ってきている。
 今のところ或る程度まで、指示に従うことはできるようになってきた。
 小3レヴェルだが、文章を読んでその質問に添う答えを意識することもできつつある。
 この数か月でこれだけといえば、それだけなのだが、個人的に持っている技術と工夫の最善は尽くしたつもりではある。
            ◇
 しかし、それにしても、なぜわたしだけが、こんなにも苦悩せねばならないのか――。
 経済的対価すらもらっていない。つまり、個人の良心を下心で期待するのが、この会社なのである。
 現場監督を始め正規従業員たちは、非正規従業員たちへの責任や仕事について、明らかな欺瞞をもっている。
「あなたの指導が足りないから、成績が上がらないんでしょ」
 足りないのは、貴様らの脳ミソだろう。
 以前は、子供のワガママでなぜ大人がいちいちビビらねばならないかを提起したものだが、どうしてここでは、一介のアルバイトがこれだけ責任を背負うことになっているのだ。責任を感じられる良心をもつことは、この会社ではマイナスでしかない。
 そんな重たい責務を感じて行動するほぼ唯一のユニットとも言える者に、その労いは扱い方にすら表れていない。
 わたしはつけ上がるような卑しい輩ではない。もう少し丁寧に扱えないものなのか。
            ◇
 人生は、基本的に運でしかない。
 今のわたしなら、同輩の成功者たちに対して「運に恵まれていただけだ」と思うことができる。
 或る程度の初期能力値があって、実力に確信を持っていると、あとできることは、神に祈ることだけだ。
 どんな局面でも自分が敗者の側にならないことを、神に願うのだ。
 どんな功績をもっていても敗者の側であれば評価されることはないし、逆になんら実が無くとも、勝者の側にあれば称賛されるものなのだ。
            ◇◇◇
 明日は明日の風が吹く――そうした無責任な言葉しか、あの学習障害児にはかける言葉が無い。
 情けない限りだが、確実なプランが、わたしには視えていない。
 努力を打ち止めるつもりは無いし、希望を失ったわけではないが、冴えたものの予感がしないのだ。
            ◇
 前回記事「ぼーんちょ」については、近日記録を再開したいところである。
 今、ナントカ時間をとったものの、無償の仕事に追われる日々で、食糧の摂取も相変わらず低いせいか、疲れ方がヒドい。
 家庭も職場も最悪だから、わたしの荒れ方もヒドい。
 人は「怒る」ことで、感情のバランスをとるところがあると考えている。だから、怒りを小出しにしていれば、ストレスは最低限で溜まるものではない。残念ながら、これは先天的なセンスだから、こうした輩はストレス耐性が高い。だが、それを劣る者と比べて評価する傾向など無く、結果世間の大体のところではストレスに強い者に甘えている。ストレスに弱いものが同情されるから、こいつらはラクになりやすい。そして、こういう連中がつけ上がっている。
 バカに塗るクスリは無いと断言できるが、ぼーんちょの場合、「バカ」かどうかはいまだによく判らない。
 だから、記録をつけてもオモシロイかもしれないと思えるのである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://ddcafe080806.blog105.fc2.com/tb.php/1238-7eb48bbf
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。