FC2ブログ

ローリン・ダイニング!!

Rowlin’Dining! すべての作品は、新作の材料だ!
2019/07≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2019/09

 わずかの望み

「あなたにあるものは、あなたの自由にならないものに対する無条件の賛美と渇仰だよ。だから、わたしはフォローのしようがない」
「僕はきみに心の底から惚れているといったが、本当にそれだけさ」
「それが何だっていうの」
「気持ちなんか変えようがないものさ。僕のようなものがきれいサッパリ諦めると宣言したって、信じられるとは思わないでしょう。僕は無理に気持ちを変えることはしない、静かに憧れをもちつづける。ただ、渇仰の果てに、きみの奴隷になることは絶対に無いと言っているんだ」
「少しだけ、安心したよ」
「なんで」
「それくらい考えて見通しているのなら、友達として新しくやっていける気がしたよ。わたしに対する想いの強さがあるのに積極的な行動をとるつもりがなくて、しかも、わたしの犬にならないのなら、お互いが適度な距離を保つことはできるでしょ?」
「おもしろい発想だ。異論は無い。距離を保つことを、誓おう。だが、きみはくれぐれも油断をしないことだ。きみが隙を見せたら、僕はすぐにでもきみを手籠めにするだろうから」
「イイ友達でいられるかは、わたし次第ってコトね。上等じゃない」
「…………ありがとう」
          ◇◇◇
 愛せる相手でなければ、あり得ない。俺の身体にあの2人の血が流れていることが赦せないから。
 おはようございます。
 “草食男子”が多くなったと耳にするようになって、しばらく経つ。そもそも、草食系とは、性欲が極端に低いことを指すという。なぜ、こんな男性が増えたのか。
 性欲が高くないということは、子孫を残すといった本能が強くないといえる。恐らく、これは生命力の低下を示すのではないか、と思うのだ。
 医学の進歩によって、本来なら死ぬ筈の個体が生き残る機会が増えているという。自然淘汰されるべき個性が、生存する確率が上がっているということだ。こうした弱い個体とは、生命力が低いから、生き残れないようになっていた。
 子孫を残すまでもなく、自然では生き残れないような弱い個体が多く生存するようになったから、割合として、日本人全体の生命力の平均が下がっているということなのではないか、と考える。
「無駄な人間はいない」
 そういって、適材適所という言葉のように、すべての人間には何らかの役割があると、かつては説かれていた。もしかしたら、そんな時代はもう、終わっているのかも知れない。
 人間が多くなりすぎて、世間が複雑になり過ぎたから、一般的な人生のルートからの“落ちこぼれ”への受け皿が見つかりにくくなった。
 つがいになるような相手がいない者とは、ひょっとしたら、不器量になる遺伝子だけの問題ではないのかも知れない。医学の進歩によって、運命の不仕合せが大量にもたらされるようになってきたと考えられなくはないか。
スポンサーサイト