FC2ブログ

ローリン・ダイニング!!

Rowlin’Dining! すべての作品は、新作の材料だ!
2019/03≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2019/05

 17歳のエロチカ ③

 ルリはきつく目を閉じて、成宮の胸にしがみついていた。消火栓のランプのせいで本当のところは解らなかったが、ルリは顔を紅潮させているに違いない。
 成宮は、ルリから感じられるにおいが、変わったことに気づいた。
 幽かだったが、甘酸っぱい感じの香りが、まるであまい油のような馴染みを憶える匂いに変化して、ルリから漂っていた。
 ――この娘の“女”の匂いか。
 しばらく抱き合ったまま、2人はじっとしていた。体温と鼓動を共有し、躯の芯からじわじわとしたものがせり上がってくる気配に、感じ入っていた。
 たまらず成宮は突き上げる要領で腰を動かした。スカートの前面がまくれて、肌と肌を隔てる布が1枚だけ薄くなった。2人は衣服越しで揉み合った。顔を背けてしがみついているルリの吐息が熱っぽさを増し、荒くなってきた。
 ルリの下着と成宮のスラックスの布地がこすれる音は乾いていたが、いつしか秘めやかなものとなっていった。
 成宮は両腕を伸ばし、ルリの尻をつかんだ。「はあぁっ」と、ルリから狂おしい声が上がった。尻をつかんだことで固定し、密着部分を抉るように、押し付けてこすりつける。
 成宮は、我を忘れかけていた。
 顔を胸に押し付けていたルリが、切迫した表情で成宮を見つめた。
 そこで、成宮は我に返った。ルリの表情に、不安や戸惑いのようなものを感じた。
 それでも、腕の中の少女はもう、為されるがままだった。このまま我を忘れて腰の動きを激しくし続ければ、すばらしい炸裂と、その後に最高の解放感がもたらされることを、彼は当然知っていた。
 しかし、意志に反して、身体の動きは徐々に緩やかにしていった。そして、止まった。ルリが目を大きく開いた。潤む目から、一筋の涙がこぼれた。「なぜ?」と訴えかけるような眼差しだった。成宮はルリの頭をやさしく撫でた。
「――よく、がんばったね」
 ルリは喉を鳴らしたようだったが、狐につままれたような表情をしながらも、おとなしく成宮に従った。
 表情には出なかったが、ルリは胸を撫で下ろすような気持ちが強かった。成宮の言葉に、隠した彼の本心を感じないわけではなかったが、気持ちが伝わったような気がして、うれしかったのだ。
 ききわけの良さにさりげなく感謝する成宮は、ルリの制服の乱れと自分の身なりを直すと、わざとらしい咳払いをしてから、はにかむ彼女の手を引いて、店の中へと踏み込んでいった。
スポンサーサイト