FC2ブログ

ローリン・ダイニング!!

Rowlin’Dining! すべての作品は、新作の材料だ!
2014/03≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2014/05

 キメラ考

 連休初日は、なかなか失敗だったかもしれません。
 起きたのが、15時。そして、喫茶店に着いても眠ってしまいました。タルんでいます。
 喝。
 それでも、プロットを考えてきました。体力とテンションが残らなかったので、キャラクターや舞台環境までは考えられなかったけれど。
 ただ、最近は己のフォームというか、作風が、固まってきた感じがします。
 萌える「キャラクターの饗宴」ではなく、「主人公1匹の物語」という感じです。いうならば「誰それさんの一生」みたいな。ワイルドで硬派なもの。
 ライトノベルを志すから、高校生が主人公で、魔法とか悪魔とかの大いなる架空があるものがセオリィとなるわけです。「主人公」の条件は、「高校生」。「大いなる架空」の条件として、今回は「キメラ」を選んでみた。
            ◇
 キメラ――。
 ギリシア神話でペルセウスに鉛を飲まされて倒された、女神エキドナの子の1者。大蛇の尻尾のついた獅子の胴には山羊の頭が生えた姿で描かれている。本来は季節を司る聖獣だが、その容貌から怪物として恐れられた。
 生物学では、2種類の遺伝子を体内に持つ個体をキメラと呼ばれ、或る免疫機能を失わさせられた実験動物として一般化されている「ノックアウトマウス」をつくるための前段階としてのキメラマウスが有名。また、マスクメロンなどの接ぎ木もキメラである。人間の場合は輸血などによる「血液キメラ」が一般的。
            ◇
 『ドラゴンクエスト』では、手足のない蛇腹の胴体に、禿鷹の頭と翼をつけたキメラというモンスターがいる。瞬間移動のアイテム「キメラの翼」は、これが雷に打たれて死んだときの翼だと言う。
 『鋼の錬金術師』では、錬金術による合成動物をキメラと呼んでいる。人間と合成することで、会話ができる魔獣をつくることや、動物の特性を持った人間をつくることを可能にしている。
 前者は薀蓄だけを聞くと、アステカの神話の蛇神「ケツアルコアトル」を彷彿とさせる。ケツアルコアトルとは「羽毛の生えた蛇」の意で、翼をもった大蛇の姿で描かれることが多い。神話などに出てくる動物の一部と人間が混ざって描かれる神の類は、すべてキメラとして扱うやり方も、強引だが十分可能と言える。
 生物を切り刻んでごちゃ混ぜに合体させる場合、材料が死体でない限りはキメラとかデミ・アニマル(半獣人)だが、死体が混ざると人造人間とかアンデッド系列のモンスターになる。
            ◇
 「混血」とか「突然変異種」などを表現して、個性という名の原罪とか、かなり重たいテーマ性も盛り込むことができるが、まぁそれは物語の雰囲気と規模とバランス次第。
 そこまで深く考えると失敗するのだ。
 オーソドックスな物を急いでつくる必要があるから。
 やれやれ、己が満足いくようなものをつくるには、時間制限が難しい壁であることにはいつの時代も変わらないようです。
スポンサーサイト