FC2ブログ

ローリン・ダイニング!!

Rowlin’Dining! すべての作品は、新作の材料だ!
2012/12≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2013/02

我が名は、ストラ。

 中学受験生たちは、どうなったか。
 今年の子たちは、スタートが遅過ぎた。
 昨年の子らと比べても幼さが目立つが、とても良い子たちではある。
            ◇
 小3生の頃から通ってきた、ほわほわ。
 元々は小学校の授業すらついていけなかったものだったが、中学受験に手を出した。
 昨年の始めに登場した、バービィ。
 新体操少女で、新体操部の強い私立中学に行きたくて中学受験をするに至った。
 バービィのスクールメイトの、トッポジー子。
 日能研での成績を上げるために、二足の草鞋を履くことになった。
 ちゃかちゃかのスクールメイトの、ショーキチ。
 集団塾で絶望したが、こちらに移ってきて息を吹き返した。
            ◇
 もっともドラマティックなのは、ショーキチだろう。
 この系列の集団塾に所属していたが、そこで第一志望をあきらめざるを得ない体たらくになった。
 授業が何言っているのか全然わからず、宿題も手が付けられず、自棄になっていた。
 集団塾からお払い箱のように、昨年の後半に転がり込んできたが、辛うじて第一志望の学校――まったくビミョーなのだが私の出身中学であったりする――に手が届く状態に回復し、今に至る。
 兄貴がその学校にいるし、彼ののどかな雰囲気も、この学校の生徒たち特有のラフさに合っている感じがするとは、誰もが口にする。本人も「最も行きたい学校」と口にしている。
            ◇
 この歳の子供――それも子タヌキのようなかわいらしい坊や――でも、「行きたい学校があること」に、新鮮なものを感じる。
 というか、衝撃すら覚えた。
 私立中学にも大学にも進学しているが、「行きたい学校」などという前向きな考えを、ついぞ持ったことがなかったから。まぁ、その学校名が威嚇になりそうなところに興味はあったけれど、それを除く。
            ◇
 (余談)
 まぁ。だからこそ。
 己の中に邪悪なもの――悪魔とかそういったもののイメージ――がわりあいハッキリ見えていたりするため、そうしたものを描けたらカッコイイとか思っていたりする。邪悪の最上級は無理だろうが、浮世に溶け込める程度の悪意――妖怪程度を表現するには、或る意味良いセンスを持ち得たのだろう。暖かい希望みたいなものに対するセンスがないことをまったくよく自覚しているから。
 なるほど、“幸福”が似合わないわけだ。自分で納得がいく。
 人生はひたすら辛酸に満ち、苦痛に苛まれることにホッとするところすら思う節がある。物事がうまくいくと、逆に落ち着かないような気がしてならないのは、間抜けだろうか。いや、「つける薬がない」類だろう。幸福とはなんだ?
            ◇
 閑話休題。
 各人の仕上げ状況を記録しておこう。
スポンサーサイト