FC2ブログ

ローリン・ダイニング!!

Rowlin’Dining! すべての作品は、新作の材料だ!
2012/01≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  ≫ 2012/03

アサハカな若者たち

 2月26日現在、 16488位 / 774637位 。
 ラーメン屋で知り合って、消息を絶った2人について、その後日談を記録しておくことにする。
            ◇
 まず1人目。ドラクエ信者の新入社員氏。
 先月くらいから、府中の方で店長になる予定で、店から姿を消した。
 結果、店長にはならなかった。
 また当分の間、あちこちの店を補充人員として派遣される下っ端社員として日々を重ねるよう。
            ◇
 府中のお店の店長が不意に辞めてしまって、店長席に空きが出来たので、彼が推されることになった。
 だが、社長が承認印を押すことに難色を示していた。新入りの若造に一店舗を任せられるかと、かなり渋っていた。
 だから、経理担当も、引越しなどの諸費用について、会社で出すことが出来なかったらしい。
 で。
 いつまでも宙ぶらりんな状態にしておくこともなんだったらしく、部長氏が彼を呼び出して、引越し費用などを自腹を切るなら、府中の店で店長を任せると言ったところ、散々悩んだ末に、彼は辞退を申し出たとのこと。
            ◇
 彼を推薦したウチの店長は、あきれ返っていた。
「あいつはいつか自立する目標を持っているんだから、今のうちに店長経験を積めばよかったんだ。失敗できるのは今だけなんだから失敗して来いって、俺は言ったんだ。まだまだガキだな、あいつは。もうこれで、しばらくこういった話は来ないよ」
 ドラクエ信者だが、ラーメンもこよなく愛する。いつかは隠れ家的な自分の店を持つのが夢だとも語っていたのだ。
 いつも食材の配送で顔を合わす、お喋り好きで気の良い配送屋のダンナもしきりに残念がっていた。ダンナは会社のトラックを自由に使えるので、その引越を手伝う手筈だったのだ。費用はだいぶ浮くことになっていた。
 何が問題だったかは、恐らく不動産の件で折り合いが付かなかったのだろう。住居の賃貸などの手当てがまったくなかったところに納得がいかなかったらしい。
            ◇
 最近、このラーメン屋の会社内部の揉め事が、下っ端労働者たる私の耳にもよく入ってくる。
 売上げが最も高いウチの店は、5月で閉店する。テナント主がフロアの改装をするというので、追い出されるのだ。
 利益をシッカリ出している数少ない店舗だけに、フランチャイズのこの会社にとっては大打撃なのだ。
スポンサーサイト