FC2ブログ

ローリン・ダイニング!!

Rowlin’Dining! すべての作品は、新作の材料だ!
2010/11≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2011/01

平和な日常

 さあ、どうしよう。
 書ける記事がない。
 仕事納め。大掃除。年末である。
 先月くらいから片付けをしていたが、気が削がれたので、放置していた。
 自分がゴミだかガラクタだか分からない状態でノラクラ蠢いていたわけだが、片付いてみると、途端に非力ななにかに戻った気分がして、スッキリ寒い。
 12月30日現在、 19981位 / 1340835位 。
            ◇
 めっきり酒に弱くなった。
 緊急用の食料が尽きたので、買い物に行ったのが一昨日。
 そこで気が向いたので、甘いカクテルのような酒を買ってみた。
 夜、飲んでみた。
 数年ぶりの酒類だったか。
 大した量ではない。200ccもないんじゃなかったか。
 マンゴーのゼリー飲料みたいで、普通に飲めたのだが、別段マズいとかはなかった。
 問題は明け方。
 不意に目が覚めた。腹の中に石ころでも詰められたような、気持ちの悪さで目が覚めた。
 よろめきながら、お手洗いへ。
 で、吐。
 それも、猛烈に。ピストン式の吸い上げ機が、脳裏に映った。
 翌日(昨日日中)、気持ちの悪さはないものの、戻すのが恐くて何も口にできないまま1日が過ぎる。
 酒は百厄の長とは、どうもウソでもないらしい。
            ◇
 何も食べなくても、掃除をするくらいどうってことない。
 大掃除と共に模様替えを行う。
 書籍と押し付けられた品物で溢れ返る部屋だけに、工夫の仕方で雰囲気とか利便がだいぶ変わってしまう、不思議空間だ。先日もどこかに失踪する計画を立てようとしていたので、荷物はすぐに運び出せるようなカタチにまとめておく。というか、それは後付けの体裁にすら見えるのは、殺風景な部屋憧れてみたからだ。
 暮らしが最低限だから、雑貨の類をほとんど片付けても、あまり支障はないのだ。
            ◇
 歳を取ってからつくづく感じるのは、掃除をすると、そこに滞った「気」みたいなものが動くような感じがするのだ。
 特に、動かすことのない家具を、掃除とか模様替えで動かすとき。本棚や寝台とか。
 きっとそういうところに、澱のように“なにか”が吹き溜まっていて、それが新しい空気の流れで再び流れ出すんだ。
 「善くない気」みたいなものが、とにかく多く感じられる部屋だとたぶんいえる。
 だって、本が多いでしょ。本なんか残留思念みたいなものだし、そもそも動かすものではないから、その上に埃が溜まるペースも速い。
            ◇
 ダーメだっ。
 製作活動すら行えてないから、書ける記事がない。
 憂鬱なのだよ。1日こもりっきりなのは、堪える堪える。
 予習はたんまり残っているし、製作は進まないまま1年以上経ってしまったわけだし。
 今年は、なんというか、再スタートをするために奔走して終わった感じが否めないし、再スタートの準備すら整っているのか甚だしくビミョーである。
 来年はなにか、おもしろいことがあるといいなぁ。
 まぁ、明日が過ぎたら、来年だ。
 明日は明日の、風が吹く。
スポンサーサイト