FC2ブログ

ローリン・ダイニング!!

Rowlin’Dining! すべての作品は、新作の材料だ!
2019/05≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2019/07

 混乱した時間の中で

「あなたは、愛されていると本当に思っているの?」
「おいおいおい、俺が女房に好かれてなかったとでも?」
「朝の悪ふざけも、塩と醤油の好みをわざと間違えてみるのも、あなたの趣味を気にして入っていこうとしたのも、そうなんだけどさあ。奥さんが普段はしないことをやっていたのはね、あなたの気を惹こうとしてたのよ」
「俺は女房を、見くびっていたってことか?」
「あなたはさ、奥さんの笑顔の意味がわかってるの?」
「いつも微笑をたたえている素敵な女房だって、評判だったんだけど?」
「ばか。奥さんが欲しかったのはね、気持ちなんだよ」
            ◇
 笑顔に顕れる寂しさを、理解しているか。
 おはようございます。
 先日「いいね!」を押していて感じたのは、時間の蓋然性とは、過ぎ去った時間は必ずしも規則正しく正方向に進んでいるわけではないということです。
 登録の「友達」は数年も顔を合わせていないので、こうしたところでリアクションをするのも少しばかり気が引けるものの、その方々と喋って楽しかったことや学べたこと、うれしかったことなどを昨日のことのように思い出せるせいか、僭越ながらも反応をしてしまうわけです。つまり、記憶が鮮明で、時間の流れとともに風化したり遠ざかっていったりすることが、わたしの場合は極端に少ない。きっと、これは個人差がある。
 記憶の断片の塊を、人は抱えている。それはむらっけがあって、その人の印象に残っているものなら、鮮明に思い出せる。一方で、同じ事象を一緒にいて経験していても、その人ほど印象に残っていない人もいるわけだ。こんなだから、過去の同じ時間の事象であっても、人によって懐かしさのレヴェルが異なる。印象に残っている過去の記憶は手近な抽斗に入っているから、その記憶がどれだけの時間の経過が背景にあるかを、あまり気にしない。
 色々な人々がそれぞれの印象の強さに依存した記憶を抱えて生きている以上、時間というものは、絶対的に正方向へ流れていないように思えてくる。極端なことをいえば、時間を共有できている人間は存在しないから、人間は孤独だということにまでなってくる。
            ◇
 実はここのところ、よく年齢を訊いてくる子供がいるのです。これはほぼ間違いなく、その親御さんがわたしの年齢に興味を持っています。別のところでは中年の女性の方に「白髪がひどく多いのに肌はやけにキレイね、なんだかホントに年齢不詳」といわれて年齢を訊かれました。
 更に。数日前に遊歩道を進んでいたときに、声を掛けてきたモルモン教の宣教師の大学生がいて、「いくつですか」と訊かれたわけです。そこで「いくつに見えます?」と訊いたら、なんと30歳前後とか20代とか言われたわけですね。わたしがダンディ盛りの中年だと知った彼らは「日本人は若い!」とのこと。
 この歳になって初めて、実年齢より若いといわれる機会が出てきました。
 他人に実年齢より若いと見られることはうれしく思えるものだと予想していましたが、自らの言動に青臭さがあることを重々承知しているせいか、こうも連続して年齢を怪しまれてみると、「ガキっぽいんじゃないの?」と思われているようで、少々へこみます。
近頃はエロい記事を書いていたから、若くなったのかしら……?
 ともかく、時間の概念を頭の中からぶっ飛ばせれば、少しはへっこんだところが元に戻るかと考えていたわけですが、そんなことはありませんでした。とりあえず、笑顔。合掌。
スポンサーサイト

 経験の私的集大成

「生まれ変わったらさ、」
「うん」
「また、わたしと結婚してくれますか……?」
「うん、オッケー」
「……ちょっと待って。あなたが即断するの、初めて見るんですけど!」
「だって、生まれ変わるなんてことはどだい、あり得ないでしょ?」
           ◇
 書籍は知識を与え、人生は知恵を与える。
 おはようございます。
 前世! そんなものは、あるのだろうか。
 人間の精神(性格とか価値観とか)は、先天的なセンスと生活環境と生活習慣による化学反応の産物だとするなら、それはいくつかの基本的な型に分類することが可能なのではないか。人間の精神は、基本的な型で何種類かしか無いのではないか。
 歴史人物は、学校で習ったり試験勉強で身につけたりするけれども、そうした知識を踏まえてその人となりをよく想像してみると、オモシロイと思っています。実際に会うことはできないから、正確な人柄はわかりません。ただ、彼が行ったことや遺している言葉、生い立ち、家族と家庭、逸話などがあれば、どんなキャラクターだったかを空想することは、それほど難しいことではありません。実在とは程遠く、デタラメもひどく多いのでしょうが、こうした空想をしていると、歴史人物たちは壮賢や偉人ではなく、かなり身近な人物として感じられるときがあります。
 その結果、自分の精神と実によく似た歴史人物を見つける機会が、出てくる。
 こういうのが、その人にとって正しい前世なのではなかろうか。似たタイプの有名人。その歴史人物の活躍の理由や原因を本格的に調べて知っていけば、自分が成功するヒントがわかるかも知れない。
 転生というものが本当なのかは、わかりません。ただ、後の世に自分とは血縁でないものでも、今の自分によく似た人は出てくるであろう。ひょっとしたら、そういうのが「転生」といわれてきたのかも知れません。
 転生しても、きっと同じような人間に恋をし、己の最期の瞬間に思い浮かぶ顔もまた、似たものであろう。
「人は愛を紡ぎながら、歴史をつくる」
 大宇宙に存在するといわれている、アカシック・レコード。
 自分の仕合わせるポイントを見つけたくて、その波長を捉えようとするものの、どんなにさまよっても、どれほど思考を無重力化しても、その末端にすらアクセスすることはできない。
 こうなってくると、自らの裡につくるしかないわけで、自らのもつ小宇宙に世界のジオラマを育て、それで未来をそして運命を占おうとする。占いとは超能力でなければ結局、その人の知識と経験の総てを結集させた、私的な学問の体型による推量なのだろう。

 深い恋情は障害の1種か

「あんたはさぁ、あたしのどこが1番好き?」
「どこ………?」
「あんたが言ってた、お金をとらない売春婦って、あたしのことだろ」
「………尻の軽い女を嫌っているわけじゃない。現におまえは、俺にも与えてくれるだろ。俺はおまえを、女神だと思っている」
「女神? お世辞もそこまでいっちゃうと、失笑ものだね」
「……俺が思うに、おまえの1番の魅力だけどな。口だと思う」
「はいはい、テキトーなことはもう言わないの」
「いや。おまえさ、カラダは許すけど、キスは微妙に避けているだろ。俺はキスを避けられるたびに、いつも愛おしさを感じている」
「…………………さいあく」
「すまん、不器用で。おまえを貶すつもりはなかったんだ」
「最悪だよ。あんたはあたしを、本気にさせるつもりかよ」
            ◇
 良識や建前の逆を生きる。
 おはようございます。
 深い恋情を持てるという性質は、生きていく上では、ハンディキャップではないか。
 その恋愛が叶うのであれば、相手に深く惚れ込む性質は最大の快感をもたらすが、そうでなければ、一生を蝕む強烈な毒にしかならない。
「不幸は快楽を深めるスパイスだ」
という言葉を聞いたことがある。個人的にはまだ、この真意を理解できていない。ただ、「不幸な身の上の者は、深い恋情を持つことができる」くらいの意味で捉えている。
 深い恋情を持つことができるのは、実は不幸かも知れない。なぜなら、不幸な身の上だから、その恋愛が成就する確率が低い場合が多いと思われるからだ。
 とはいえ、人生の不条理は、男を磨く。
 人生は「手持ちの札」で勝負するしかないのだから、肚を据える。そうしていれば、己の器は大きくなる。
 ――こうして、深い恋情を持てる男が強くなったとき、ゆきつく先は、浮気と女遊びとなるわけだ(あら?)。
 でも、器が大きい男だから。
 そんな浮気や女遊びが「男の甲斐性」となる。垢抜けた人間関係を構築できてしまうからだろう。
 それにしても。不仕合せな者が、幸せをつかむ難しさを感じる、今日この頃である。

 男1匹として見る実子

「そこのあなた」
「はい、」
「この国へ、この書籍の持込みは、まずいですよ。男女の生殖器がクッキリハッキリ映っている写真が、たくさん載っていますよね。こういうのは、ダメです」
「印刷された生殖器の持込みは、ダメなんですか」
「そうです」
「それは変ですよね。だって、本物はいくらでも持込み可能にしていますよね」
            ◇
 柔軟性をもっている者は、いくら歳をとっても若い。
 おはようございます。
 子供は、母親にとっては自分の肉体の1部のようなものなのだろうが、父親にとっては排泄物のようなものだという、乱暴な表現を見たことがあります。また、男を老けさせるものの4つの内の1つは、子供だと言われます。
男1匹から見た場合、子供は邪魔なものなのかも知れない。
 だからこそ、或る程度以下のレヴェルの父親とは、子供にとって他人のようなものになってしまう傾向があるのではないかと、よく思ったものです。
 ところが、仕事で「父親」というものを観ていて、考えるものがあったわけです。
 長い付き合いの友人のようなカタチで息子に接する父親。1歩離れたところから大らかに見守る姿勢をとる父親。わからないながらも、自分なりに毎度考えることで的確に振る舞おうと努力する父親。他人のようになっている父親というものが、それほど多くないことに、気がついたのです。こうした父親たちを見て、なぜか安らいだ気分を感じた憶えがあります。
 近頃は、愛だの恋だのと考えたことのないものを真っ向から考えるようになったせいか、子供について思うことがあります。
 男とは、自分が生まれ変わることを、どこかで望んでいるところがあるのではないか、と。
 恋愛の末に生まれてきた、子供という新しい自分。
 自分が足りていなくて苦労せざるを得なかった部分を、大好きになった相手の遺伝子が補ってくれていること。その生まれ変わった新しい自分は、大好きな相手が母親として守って育ててくれること。こんなふうに考えてみると、胸が高鳴って、うれしい気分になります。うれしくてたまらなくなる。きっとそれが、男1匹にとっては子供を持つことによって感じる幸せなのではないかと、思ったわけです。
 うーん………。
 なんだかドキドキしてきた。また官能表現でも描いて、気分を落ち着かせようかな。
(うそですほんのご冗談です失礼しました)

 官能小説をアクセサリに

「俺はキィボードが愛人だったのさ。初めて惚れ込んだ人間、それがあの女だった」
「思い入れがあるんだね。でも、ほぼ100%でうまくいかないわよ」
「それは、承知している。覚悟まで出来ているかは、――わからんがな」
「それでも、追いかけていくの」
「あの女の前に再び立った俺がどうなるのか、興味あるのさ。男が女に挑むのは、いつだってテメエがうしなったものを取り返しに行くときなんだよ」
            ◇
 女が転ぶのは損得勘定であって、相手に惹かれたわけではない。
 おはようございます。
 その男性だけだと、ただのオッサンで色気も無い。
 ただ、その奥さんが傍に立った途端に、急に色っぽく見えてくる男性がいます。それに倣ったわけではないのですが、とりあえず、わたしに不足しているのは色気だと思われたので、とりあえず、官能風味の文章を即席で挙げてみた次第です。
 テロリズム、ですね。
 みなまでいわないでください。すみません。
 ………エロティシズムの表現という意味では、文学もジュブナイルポルノもその通りなのですが、後者の場合は、キャラの反応とそのキャラの肉体の反応とお下品な単語と、あられもない叫び声が顕著である気がします。また、ライトノベル同様にイラストがつくから途端にわかりやすくなり、官能系の娯楽として実用的になってくるわけです。
(実用性って、何への実用でしょうかね………?)
 例えば、萌え系のメイドさんが、お鬼畜なご主人様にお仕置きされるシーンとか。
「はい、ご主人さま。お仕置きですものね、わかっています。服は脱ぎます」
などと言った後に、素っ裸のまんま縛られちゃったりするわけです。「あうっ!」とか短めの悲鳴を上げたり、縛られている縄が食い込んだり、口元の縄に唾液がしみ込んでいたり、などの描写があって、次のイタズラに進んでいくわけですね。
「え……? なんですか、その塗り薬は……? とってもキモチがよくなるクスリですってぇっ?! ダメです! そんなっ! しかも、そんなところに! ああーっ!!」
などというように、とにかくキャラクター小説の方向性があって、とにかくわかりやすいんですね。こんなものをこの場で公開した日には、猥褻物陳列罪かイヤガラセを疑われるため、さすがにやりたくてもやれません。
(いえ、やってみるとオモシロイのですが、すぐに飽きるということにしておきます)
 ともかく。
 このまま喋っているともっと墓穴を掘りそうなので、今回はこの辺りで失敬。
 お咎めの無いエロスは、エロスではない!